第二種電気工事士試験対策WEB講座
WEB講座とは?
高い合格率 3つの理由 技能試験対策

合格の決めては技能試験です!!
工具の使い方や作業方法が目で見てわかりやすく、
技能試験での不合格の大きな原因となる
間違いやすいポイントを集中的に解説!!

↓
  • 候補問題を全てカバー。
    試験に沿った手順で、複線図の書き方から完成までを動画で解説しています。

  • 候補問題を解くためのテクニックの全てを動画で解説し、工具の使い方、課題作品完成まで効率的な学習が可能です。

  • 技能試験練習用器具+ケーブル等(オプション価格)も準備しているので、何度も動画解説と共に反復・体験学習が可能です。

筆記試験対策

自分のペースで繰り返し学習!!
出題傾向を絞った解説を学習するので、
短時間で効率よく学習できます!

↓
  • 実際に講座を受けているような画面展開で、何度でも反復学習が可能です。

  • 講師が説明文を記入しながら解説をするので問題を解く工程が理解できます。

  • 出題率の高い問題に特化しているので、要点を集中して理解できます。

過去問対策

過去問対策で出題傾向をチェック!!
講師による徹底解説付の過去問対策なので、
理解度がぐ~んとアップ!!

↓
  • 直近3年分の過去問を掲載し、全てがわかりやすい解説付きです。

  • 正誤判別後に解説表示ボタンを押せばすぐに解説表示しますので、理解度がアップします!!

安心のアフターフォロー

ご安心ください。
当講座を受講していただいた方の92.6%の方は
合格されますが、万一、不合格の場合、
当講座では受講延長制度を実施しております。

視聴延長

(ただし、メールにて事務局まで希望の旨をお知らせください。)

WEB講座のメリット いつでもどこでも自分のペース
  • 休日の空いた時間にじっくり学習ができます!!

  • 動画学習なので見たままが頭に入り、万全の対策!!

  • わからない箇所は、メールで質問できます!!

WEB講座のメリット WEB講座のメリット
当講座の違い!!

テキスト選びを比較すると…

↓
  • 数冊のテキストから選ぶのに時間がかかる。

  • 試験対策用に全ての項目から候補問題を掲載なので安心。

試験対策を比較すると…

↓
  • 試験の流れや合否の基準を調べる必要がある。

  • 試験の概要や流れ、合否判定の判断基準を詳しく解説。

工具の準備を比較すると…

↓
  • テキストに合う工具を揃えるのが大変。

  • 試験用の工具、器具やケーブルセットが準備されている。

製作の練習を比較すると…

↓
  • ページをめくりながら作業するので時間がかかる。

  • 注意点やテクニックを効率よく学ぶことができる。

疑問点を比較すると…

↓
  • 疑問点を自分で解決しなければならない。

  • 講師にメールで質問ができるので疑問点をスグに解決できる。

やっぱりWEB講座
技能試験で落ちる原因

大抵の場合技能試験で不合格になります。
その原因は実技試験を甘く見すぎている点です。
「手先が器用だ」、「機械いじりが好きで今まで何度か電気配線をしてきた」と自信がある方でも「試験では時間配分を読み切れず、結果的に時間が足りなかった」というところでつまづかれています。
どんな時間配分をすれば良いのか?
集中して取り掛かる点はどこなのか?
そのような試験対策に即した練習が必要です。
当講座は、実際の技能試験をカバーするためのポイントをまとめて、講師が「合格するポイント」として紹介しています!!
この点が独学で勉強する点と大きく違う点です。

よくある質問
  • WEBで勉強するだけで合格できますか?

  • ベテラン講師が、試験の出題問題の傾向を分析して抽出した教材を使って、実際に講義を受けているような「わかりやすい」動画で紹介しています。
    自分のペースで何度でも反復して視聴できるので自分のウィークポイントをカバーできます。
    ※万一、不合格の場合のフォロー対策も ご覧ください。

  • 私は怠け者ですが、大丈夫でしょうか?

  • わかりやすく、不合格の要因をクリアするような進め方をしているので、学習するうちに自信がついてきます。
    自然とやる気が出て、合格への意欲が増すことでしょう。
    実際に講義を受けているような画面構成になっており、マンツーマンで授業を受けているような感覚で視聴できます。

  • スマホでの学習は可能ですか?

  • 残念ですが難しいです。
    パソコン専用の学習教材で、図解やチャートを使って、回路図等を詳しく解説していますので、パソコンでの視聴に適しています。
    スマホでは、十分な学習が得られないでしょう。
    (スマホでは、一部画面が表示されないこともございます。)

  • 技能試験のための工具はどうすれば良いでしょか?

  • 技能試験には工具セットが必要ですので、各自ご用意ください。
    当講座でも工具セット、器具とケーブルセットをオプションでご用意しています。
    試験に必要な物だけを揃えたセットですのでご利用ください。
    動画ではこの器具とケーブルセットを使って実技の練習を行ないます。

Webラーニング講座 内容詳細

筆記試験対策講座 内容詳細
≪eラーニング講座内容≫
第1章:電気の基礎理論
第2章:配電理論
第3章:配線設計
第4章:電気機器
第5章:配線器具・電線
第6章:工事用工具
第7章:施工方法
第8章:電気工作物の検査
第9章:法令
第10章:識別問題
第11章:配線図
練習問題:20問
●直近3年分(平成24~26年度)
●筆記試験問題(上、下各50問)

技能試験対策講座 内容詳細
≪eラーニング講座内容≫
第1章:技能試験の概要・試験前の流れ
第2章:技能試験の基本
第3章:合否判定のための判断基準
第4章:平成27年度候補問題(動画解説)
第5章:平成27年度候補問題(動画解説)
第6章:平成27年度候補問題(動画解説)
第7章:平成27年度候補問題(動画解説)
第8章:平成27年度候補問題(動画解説)
【補足】その他の候補問題PDF(複線図、完成写真等)

講師
三原先生 鹿児島県・喜界島生まれ。
日本電子専門学校卒業。
東芝横浜家電サービス株式会社(現在の東芝テクノネットワーク株式会社)に入社。横浜サービスステーションで家電製品の出張修理を主に9年担当。
その後、技術課にて、音響製品、VTR等の商品を担当。技術部長を歴任。

■企業関連教育■
家電メーカー/測定器メーカーの技術社員教育
家電メーカー系列店の従業員教育

■試験関連教育■
第二種電気工事士
第一種電気工事士
家電製品アドバイザー(AV情報家電、CS法規、生活家電)
第三種冷凍機械責任者
 

お申込み 資料請求
就職で役立つ受験者の声

会社員(東京都在住・29歳)
職場での、第二種電気工事士の資格の取得の勧めもあり、受験することにしました。
仕事も忙しく、勉強する時間もなかなか持てないなか、正直、あまり気が進みませんでしたが、このWeb講座なら、自分のペースで何度でも繰り返し学習できるだろうと、取り組むことにしました。
受講してみると、試験対策には大変有益な情報を教えてくれているのが驚きでした。
自由な時間に先生がマンツーマンで教えてくれている感覚で受講できるスタイルは、仕事をしながら受験する社会人の強い味方です。
必要に応じて記述しながら説明してくれる点もとても理解しやすいものでした。
技能では、複線図の書き方がいち早く理解でき、製作物の配線や寸法どり、被覆の剥き方など、効率よく完成できる技術が身につきました。
自信を持って、全体を通して、合格まで集中して学習することができました。